どうした中日ドラゴンズ

初戦ナゴヤドームで1勝後の3連敗
とうとう日本ハムに王手を掛けられて
残された道は3戦全勝しかなくなってしまった

得点が出来ない
シーズン中絶好調だった荒木・井端の1,2番コンビが絶不調で
中日の得意な足を絡めた野球が出来ない
福留・ウッズのタイトルホルダーの打撃の淡泊さも
彼らの前にランナーが居ない事が関係しているのかも知れません

そしてなぜかその絶不調の1番から攻撃が始まる場面が多い
普段ならチャンスなのだが、簡単にアウトを重ねる

打順の入れ替えも、当たってチャンスに立浪に打順が回るが
凡打を繰り返す

打撃の復活が日本一へのキーワード

がんばれ中日ドラゴンズ

— posted by hidetaka at 09:28 am   pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2006.10 >>
SMTWTFS
123 45 67
89 10 11 1213 14
15161718 1920 21
222324 2526 27 28
293031    
 
T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0125 sec.