[ カテゴリー » わたくし事 ]

ウッドデッキ作成

DSC0075


ウッドデッキを作ってみました。
人工木のキットを使いました。
「人工木のエコウッド」Link で購入しました。

DSC0055


ウッドデッキの骨組みに合わせて、基礎の束石を配置して。
調整束をのせてその上にウッドデッキを組みます。

DSC0057


今回は最初の思惑よりも基礎が高すぎたので、機会があればその辺りを修正したいと思います。

DSC0073


勝手口の階段にステップを作成し、パーゴラ風の柱も立ててみました。
本体の作成よりも、ステップと柱の作成の方が時間と手間が掛かっています。

— posted by 編集局 at 10:59 am   pingTrackBack [0]

上平に里帰り

今年も旧上平村赤尾地区の春祭りに行ってきました。
いつものように、みんな暖かく迎えてくれます。
「ケーブルTVで、リクちゃんみたよ。」
とか、長男の元同級生は、長男を見つけると走り寄ってきて
「ひさしぶり」と手を握っていました。

私は、酒臭いみんなに囲まれて、楽しく笛を吹かせて頂きました。

この祭りは、集落の一軒一軒を回って、ひたすら獅子を振る続けるという
気力と体力勝負の祭りです。

5月3日は、下島地区を廻り、夜は赤尾「行徳寺」で夜の12時まで
5月4日は、午前9時ごろから赤尾地区を廻り、獅子宿に戻るのが夜の9時、最後の「獅子殺し」が終わった時には、なんともいえない達成感と一体感を味わえます。
2日間で24時間、獅子を舞って、酒を飲んで、ご馳走を頂いてを繰り返します。

3日の夜獅子もなかなか見ごたえがあるのですが、4日の夜8時以降からの獅子宿までの、最後のはじけ具合が最高です。

見せるための春祭りでなく、みんなで楽しむ春祭りです。

みなさんも、一度楽しみに来て下さい。

— posted by 編集局 at 09:38 am   pingTrackBack [0]

地デジテレビ

先週、家族で大型家電量販店に行った、
以前このブログで家電量販店について書き込んだのだが
やっぱり、便利さにはかわないので、ついつい利用してしまう
(でもY店には絶対行きませんが)

その日は、目的の小物を購入して妻がドライヤーを選んでいる間に
ふらふらと、テレビコーナーへ
薄型デジタルテレビが、ずらっと並んでいました。
画面の大きさに圧倒されて、口をあんぐりと開いていました。
一時期の薄型テレビより画面のちらつきや、残像が少なくなって
綺麗になっているんですね、技術は進んでいるんですねー

などと思いながら、リモコンがテレビの横に置いてあったので
試しに、ぽちっとチャンネルを替えてみた

なんだか不自然だぞ・・・

ぽちっ

チャンネルの切りかえが異常に遅く感じられるのだ
ほかのテレビでも試してみるが
同じようにチャンネルの切りかえに時間が掛かる


私のような「チャンネル・サーファー」にはかなりのストレスになりそうだ
デジタル家電に詳しい人の話によると
デジタル放送はデーターのエンコーディングに時間が掛かるので仕方がない
とのことである

まだまだ技術的に未熟な部分があるんですね

メーカーとしては解りやすい画面の綺麗さなんかに力をいれて
地味なチャンネルの切りかえが遅いのは技術的な問題で仕方がないと言うことでしょうか
あんまりテレビ買うのにチャンネルなんて替えないですからね

販売の目玉にするには、インパクトないもんな
「ほらこちらの画面はこんなに綺麗です」と
「チャンネルの切りかえがこんなにスムーズです」とじゃ
前者の方が新規客には、解りやすいですものね

まだウチのでかでかブラウン管テレビは元気なので
もうしばらく、買い換えはないので、技術が熟すまで待ってます(ひ)

— posted by 編集局 at 09:55 am   commentComment [1]  pingTrackBack [0]

週間予報で雪マーク登場

週間予報で雪マークが登場しました。

冬の足音がそこまで近づいてきました、
雪国での冬は三ヶ月以上も続く一大イベントです。

タイヤ交換・雪垣・雪つりに始まって
家の周りの片づけ
(これを怠ると春になって、
 雪の重みで無惨に破壊されたプランターなどが
 雪の下から恨めしそうに現れます。)
毎日の雪かき
そしてメインイベントの
屋根雪下ろし

5-1


それでも、雪が無くなると
ホッとするような、寂しいような・・・・

雪の匂いがなつかしい

でも去年のように、バカスカ物量作戦でのぞむ連邦軍的に
降るのは止めて頂きたいものです。
昨年の長期予報も雪は少なかったようだが、
はたして、今年はどうなる事やら。

しずかに雪見酒や露天風呂を楽しめる程度に降ってください。

くれぐれもスタッドレスタイヤの交換はお早めに
自分が怖い思いをするだけでなく
周りの人達も危険に巻きこみますから(ひ)

— posted by 編集局 at 03:25 pm   pingTrackBack [0]

新型スカイライン

スカイラインがフルモデルチェンジして登場

高級感プンプンです。

もはやこれを、スカイラインと呼ぶには抵抗が有りすぎます。
丸形テールランプを復活って
これが丸形ならどれが丸形じゃないデザインじゃ
と、つっこみを入れたくなるテールランプ
どうせならサーフィンラインも復活してくれれば
スカイラインに思い入れたっぷりの
団塊の世代にうけるかもしれないかも

日産の車には、どこか「ワル」なイメージが有ったんだけど
最近の日産は

「羊の皮をかぶったヤギ」

みたいで、トヨタの高級車路線の後追いをしているようだ
確かにパワーもシャーシもしっかりとした
スポーティセダンに仕上がっているのだろうけども
チョイワルな感じが無いんですよ

フェアレディZ
セドリック・グロリア
ローレル
スカイライン
ブルーバード

どれもトヨタのライバル車が優等生なら
日産の車は
「ナメたら怪我するで」
みたいな凄みがあった

20代の若者が憧れて
必死に働いて買おうって車じゃないですね。
Tシャツにジーンズで乗れる車ではなくなりましたしね

「スカイライン」の名前を外して日本でも
「インフィニティG35」
とかレクサスみたいにすれば良かったのに

7-1


又は「スカイラインTI」(なつかしぃ)
「スカイライン」はGTRの為だけに使う方がブランドイメージも上がると思うのだが

やんちゃな若者と骨のあるおじさんのブランドをこんな風に使って良いのかな

「お父さんは若いときからスカイラインに乗りたかったんだ」
と家族の反対を押し切ってでも、RVから買い換えるかな・・・?
(そもそも、そんな人はターゲットにしていないのかな)

ユーザーの趣向が変わったと言うでしょうが
夢のある車作りを放棄したメーカーは
自分でマーケットを狭めている様な気もしますが

スカイラインもR34までか・・・(ひ)

— posted by 編集局 at 11:38 am   pingTrackBack [0]

いろんな資格が・・・

sikaku


資格マニアではないのですが、気が付くと多くの資格を収集(?)していました。
画像に写っているもので11個

四級小型船舶操縦士
チェーンソー作業者特別講習
木材加工用機械作業主任者技能講習
林業架線作業主任士
玉掛け技能講習
車両系建設機械運転技能講習
小型移動式クレーン運転技能講習
土止め支保工作業主任者技能講習
地山の掘削作業主任技能講習
フォークリフト運転技能講習
はい作業主任者技能講習

その他に

日商簿記検定試験2級
第二種情報処理技術者試験

量はあるけど、どれもたいしたことないな・・・

— posted by 編集局 at 09:58 am   pingTrackBack [5]

ツキノワグマ

城端でも連日熊の目撃情報が寄せられ
連日早朝から警戒に、あたられている方々ご苦労様です。

熊が山から降りてくるのには、色々の理由が有ると思われます。
「熊に襲われた」
本当にツキノワグマが人を襲うのでしょうか

元々ツキノワグマは雑食で木の実から昆虫やカエル・ネズミ・大型哺乳類まで食べる。
しかし、大型の動物を襲ってまで食べることは少ない。

人間を襲って捕食しようと言うのではなく
人間とツキノワグマの両者がお互いの存在に気が付かなくて
起こった事故なのではないでしょうか。

動物には、それぞれの種で、これ以上距離がつまれば攻撃行動に移るという限界距離があります。
その距離内にに他の動物が入り込むと攻撃的になります。
(人間も同じで満員電車でストレスがかかるのはこれが原因)
ツキノワグマは鼻は犬並みに利きますが、目は非常に悪いのです。
捕食に夢中になっているツキノワグマの風下から
気づかずに近づいてしまって、限界距離内に入ってしまったら
クマは攻撃行動をとります。
不幸な鉢合わせ事故をなくすよう、お気お付けください。

最近は人里での生活を当たり前とした新世代クマもいるようです。
今一度野生動物とのつきあい方を見直す時期に来ているのでは無いでしょうか?

昨年度はツキノワグマによる被害が多かったので、生息数の調査などを
南砺市が行っていましたが、今年も行っているのだろうか
こういう地道な調査は長年に渡って継続していかないと意味がないのだが(ひ)

有益な情報が
アップされています。↓
信州ツキノワグマ研究会Link

— posted by hidetaka at 08:50 am   pingTrackBack [0]

見られなかった人すみません。

12:00頃から13:00頃にここを訪れた(見にこられた)方々
見られなくなっていて
すみませんでした。



電源トラブルで、サーバーをダウンさせてしまいました。
別にサイトが無くなった訳ではありませんから
これからも、よろしくお願いします。



電源トラブルって・・・・



と疑問を持たれたあなた、
そっとして置いてください・・・



編集局員が
UPS(無停電電源装置:停電が有ったときに電源を数分間確保してくれるバッテリー内蔵の装置です)
にあろう事か掃除機をつないで、スイッチON
UPSのブレーカーがとんでしまって



「ピー」UPSの異常を知らせるブザーと共にサーバーがダウン・・・(ひ)

— posted by hidetaka at 01:57 pm   pingTrackBack [0]

どじょう掬ってみました。

suisou

二匹のどじょう何処にいるか解りますか?


先週の土曜日に、以前から気になっていた用水にどじょうを掬いに行ってきました。



子供達と一緒に虫取り網を持って徒歩1分の用水へ
ここは、以前「螢を探検」した場所です。



しかし用水の底を注意深く探すのだが、一向に見つからない
見つかるのは、鮮やかな緑色をした「ヒル」のみ・・
先日の大雨で流されてしまったのかと諦めかけたら
泥の中から団扇のような丸いひれが、ひょっこりと出ている。



「頭隠して尻尾隠さず」



一匹見つかると、目が慣れてどじょうの擬態も見破れるようになり
次々と見つかるが、2匹だけ掬って金魚の水槽に入れてみました。



金魚は新たな珍客に迷惑そうであるが、
賑やかになった水槽につい見入ってしまう、
心のオアシスになっています。(ひ)

— posted by hidetaka at 08:32 am   pingTrackBack [0]

どじょうがブーム?

どうやら近くの用水にどじょうが生息しているらしく



子供達の間で「どじょう掬い」がブームになっている。
子供達だけで用水に近づくのは危険なので、必ず大人の人と一緒に行くようにと注意しています。



バケツの中にどじょうを入れては、持ち帰り飼育しているようです。



ウチの金魚の水槽にも1匹掬って入れてみようかと思っています。



↓こんなサイト見つけました。「どじょっこ談義(BBS)」はどじょう飼育に参考になります。
「どじょう通信」Link

— posted by hidetaka at 09:14 am   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

<< 2017.3 >>
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
 
T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.6523 sec.