[ カテゴリー » 味覚 ]

バーベキューの炭熾しの新兵器

愛用の木炭コンロに煙突をセット


暑い毎日が続きます。
皆さんどうお過ごしでしょうか?

暑い時にはスタミナをつけなければということで
焼肉・バーベキューを今年も楽しんでおります。


以前記事で書いていた。
「炭は備長炭が最高!」
しかし備長炭は火付きが悪くて
火を熾すのが大変でした。
そこで色々少ない脳みそをフル回転(仕事でもそれくらい真剣に脳みそ使え!)して
考え付いたのが、「煙突を付ける」でした。
最近、愛用している「木炭コンロ」に
ホームセンター等で売っている煙突の部材(ステンレスの筒)太さ1,200mmが上手くはまりそうなので、670円也で購入!

セットしてみると、少々不安定ではあるけれど使用には問題なさそう。

煙突効果恐るべし!


いつもの手順で、新聞紙半分ほどにチャコールブリックス1片を包んで火を点けて、その上から煙突をセットすると「ゴー」という音とともに煙突の上部まで届く炎を上げる。

うぉお成功だ!熱源で暖められた空気が煙突の中で強烈な上昇気流を作りだし、燃焼に必要な空気を取り入れている、まるでターボチャージャーのようである。

その煙突の中に、木片少々(割り箸5本位でも可)マングローブ炭3カケ備長炭を3カケ放り込むとゴーゴーと音を立てて炎を上げる。

そのまま放置すること15分煙突を抜くと、真っ白になった備長炭と真っ赤になったマングローブ炭が出来上がり。

この方法、網の上に煙突を置いても効果有り!
火力が落ちてきた時に、網の上に煙突を乗せると火力がアップします。

木炭コンロ以外でも、炭を熾す時に網の上に煙突をセットすると、炭を熾す時間が短縮されると思います。
機会が有れば、試してみたいと思います。

網の上でも効果有り


備長炭を使う時に注意して頂きたいのが、「爆ぜ」です。
備長炭は非常に堅い炭ですので、湿気を吸った備長炭をそのまま急激に高温で暖めますと内部で水分が膨張して、非常に高音の「キーン」という音と共に「爆ぜ」ます。
一度開封した備長炭を使用される時には、新聞紙の上に炭を並べて充分に日光に当てて、乾燥させてから使用してください。
煙突を使用時に爆ぜると非常に危険です。
また、備長炭以外のどの様な炭でも多少は爆ぜますので、煙突使用中は内部を覗かない様にしてください。
高温の炭のカケラが高速で顔面を直撃することが有ります。


ネットで調べてみると専用の商品があるようですが
ステンレス製で簡単に手に入って安価であるので、ホームセンターで煙突部材を見つければ一度トライしてみてはいかがでしょうか?

煙突の長さは長ければ長い程効果がありますが、実用的ではありませんので60cm位がお勧めです。

※尚、煙突は使用中及び使用後は大変熱くなります。
ペンチなどを用意して煙突を取り扱う時には、直接触れない様にしてください。
使用方法を誤ると重大な事故を引き起こす可能性がありますので、取り扱いには十分にお気を付け下さい。
また、今回紹介した方法によってどの様な損害を受けましても、当方は責任を負いません。
今回の情報のご利用は、自己責任でお願い致します。

— posted by 編集局 at 02:33 pm   pingTrackBack [0]

ラーメン「ひろまる」の裏メニューうますぎ

以前にも紹介しました、福光のラーメン屋さん「ひろまる」さんが、新たな裏メニューを出されました。

「家系ラーメン」(イエケイですカケイではありません)

狭義の意味での「家系」ではありませんが、パンチの効いた旨いラーメンに仕上がっています。

「呼び戻しをすればもっとコクのあるスープになるんですけど」と言われていましたが
十分コクとうまみが出ていましたよ。

今回は仕込み1回分とのことですので、売り切れましたら終了です。

麺は太麺を使用していますが、力強い細麺とパンチの効いたスープの異種格闘技も楽しんでみたいです。

欲を言えば「もやし」乗せて欲しかった・・・



(家系ラーメンとは横浜の吉村家のラーメンが発祥とされるラーメンです。「本家で修行認定されたラーメンが家系ラーメン」と、こうるさいことを言う人がいるので、敢えて”狭義の意味での「家系」ではありません”とさせて頂きました。決してひろまるさんのラーメンが「家系」でないと云う意味で使ったわけではございません。名前がどうあろうと実際うまいんですから。富山では魚津の「はじめ家」さんが直系として有名ですね。)

「麺屋ひろまる」さんのホームページはこちらLink

— posted by 編集局 at 03:00 pm   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

おいしいラーメン屋さん

福光のラーメン屋「麺屋ひろまる」の醤油とんこつ

また、食いたくなってきた!


 縁あって、旧福光町のラーメン屋さん「麺屋ひろまる」さんのホームページを作りました。
だからって訳ではないのですが、「ひろまる」さんのラーメンウマイんです。

麺は、もちろん自家製麺
食べると小麦の香りがひろがり
腰のある麺は歯ごたえばっちり
(柔らかい麺お好きな方は、注文時に「麺、柔らかめ」と注文してください)

この自己主張の強い麺に負けないのが
自慢のとんこつスープです。

スープも豚の頭骨の下ごしらえから全て自家製、
とんこつなのに、臭みの少ない、あっさり系とんこつです。

替え玉もできるので、小さなお子さんと一緒に
お腹いっぱい堪能できます。

私のオススメは、

「とんこつ醤油」

こいつに、コショウをふって、すりごまをドッとふりかけ
ニンニクチップを入れると、あぁー最高!

たぶんこれだけ本格的なラーメンを食べさせる店は、南砺市・砺波市を合わせても
数少ないと思います。

「麺屋ひろまる」さんのホームページはこちらから。Link

— posted by 編集局 at 04:10 pm   commentComment [2]  pingTrackBack [0]

バーベキューでおいしのは?

また「バーべーキュー」ネタです。



今回はバーベキューで焼いて美味しいのは何?ってテーマです。



バーベキューといったら肉なんですが、私の中の一番は、
「オージービーフのサーロインステーキ」
です。これを幅1センチくらいに切って
「あじ塩こしょう」をササッと振って表面をカリッと焼き上げればOK!
よく焼き肉用として売られているものでも、店やその日の肉の状態で薄すぎるものがあるんです。
そうなると網にひっついてぼろぼろになるは、焼けすぎて黒こげになるわの
「発ガン性物質摂取強化デー」になってしまいます。
ステーキ用の肉だと厚さは大体一定だし、オージービーフは安いしオススメです。



魚介類なら
「ホタテ」でしょ「サザエ」も美味しいけれど、私はホタテです。
貝殻の付いていないホタテのこぶりなものなら、結構リーズナブルです。
少し焼き色が付いたらハケで醤油を塗ってを繰り返すと美味しく焼き上がりますよ。
好物なので何度か挑戦するのだが、一度も上手く焼けたことがないのが
「シシャモ」です。網の上でお腹が破裂すると最悪です。
基本は強火の遠火ですね・・・。



その他では、「厚揚げ」は名脇役です。
表面に編み目模様が付いたら、「ポン酢」で頂きます。
このポン酢もいけますよ、焼き肉のタレの味にあきたら肉もポン酢で食べると
あっさりと頂けます。



ちなみにお気に入りのポン酢は「旭ポンズ」です。
今年は夏休みに大阪に帰れなかったから、買えなかった・・・・。
隠れた大阪土産です。一度このポン酢を使うと他のポン酢は使えません。
ラベルのコピーも
「喰べてびっくり旭ポンズ」
と大阪独特のゆるいコピーについ頷きたくなる味です。



ということでバーベキューで一番美味しいのは
「旭ポンズ」
でした。(鍋にも最高!)
かーちゃん送ってくれー! (ひ)

— posted by hidetaka at 10:43 am   pingTrackBack [0]

バーベキューってどうしてあんなにワクワクするの?

前回に続いて「バーベキュー」ネタです。


だんだんと吹く風が涼しくなって、季節の変わり目が近づいてきたといっても
まだまだ昼間は暑くって、家に帰ると家の中は昼間の熱気でムンムン
妻は夕食の用意に火を使うのも嫌らしい。


で、休日の夕食は外で食べる事が多い、
といっても「外食」って意味ではなくて、本当に外で夕食をとるんです。
今ぐらいになると、丁度夕食を食べる時間頃には日が傾いて「ヒグラシ」も鳴き、一年で一番の「外食」が旨い時期です。


「外食」(そとしょくと読んでください)メニュー中、我が家で一番の人気が「バーベキュー」なんですね。


前回のバーベキューの時には、



「今日はバーベキューしようか」
と言ったとたんに、長男はダダダッと外に駆けていき近所中を回って
「今日ウチでバーベキューするよ」
と触れ回って、挙げ句の果てにはお隣さんの家のチャイムを鳴らして
「今日ウチでバーベキューするから。」
と報告に行き、近所の子供達を集めて
「○○ちゃんの席はここね」
と完全にしきっていました。


元々家族だけでするつもりが、なんだか
「おおごと」
になってしまいご近所さんには
「材料は手持ちでお願いします。」
とお願いして、皆様のご協力のお陰で



「人は居るが焼くものが無い」



状態だけは避けることができました。


子供達を見ていると、外で友達と食事ができることが本当に嬉しいらしくて、バーベキューの後の花火(これも持ち寄り)も盛り上がっていました。


本当にご近所の皆様、お調子ノリの長男に付き合って頂きありがとうございました。


まだまだ「バーベキュー」ネタ続きそうです。(ひ)

— posted by hidetaka at 08:05 am   pingTrackBack [0]

備長炭ってすごい

家の裏庭で「バーベキューをしますか!」って事になって
炭が残り少なくなっていたのを思い出して。
材料の買い出しのついでに近くのホームセンターへ


「3キロ298円」のいつものマングローブ炭の横に
「3キロ980円」の備長炭が・・・・


いつもなら買わないのだけれど、今日に限って財布の中に千円札が5枚ほど入っている。


「燃えて無くなるものにお金を掛けるなら、肉をもう一パック買えよ」


と云われるのを覚悟で備長炭の箱をレジに・・・
妻には知らん顔をして、車のトランクへと押し込む


火を熾してみて違いが歴然マングローブ炭だと風を起こしたり、油が炭の上に落ちると炎が上がって肉などが丸焦げ状態になってしまって。


肉を置く。
燃えさかる炎の中から肉を取り出す。
表面は焦げ焦げだが中身はレアな肉にかぶりつく。
翌日お腹の調子が悪くなる。


で炭の勢いが無くなると、今度はいつまで経っても焼けなくて、炭を追加してもなかなか勢いが戻らないので、必死でうちわで風を送ると炎が出だしてまた黒こげ生焼けになってしまう。


がっ!備長炭は最初の火付けに時間が掛かるが、炭全体が真っ白になった状態で肉を焼くと強火の遠火でこれが具合が良い。
いくら風を送っても炎が出ないで、じりじり同じような温度で肉をあぶっていきます。
厚手の豚肉もお腹が痛くならずに食べられます。


それも最初に熾した炭が数時間持つのだから、決して高い買い物ではない。
匂いもマングローブ炭は独特の匂いがあるが、備長炭は炭本来の香り(匂いじゃなくて香りね)が上品で安物の鶏肉でも旨く感じる。
肉の脂がしたたってもマングローブ炭のように黒い煙が出ずにすうっと消えて無くなる。
火力が弱くなっても、うちわで少し扇げば温度がゆっくりとあがる
炭の継ぎ足しも、端の方に炭を入れておくといつの間にか白い色でいこっている
本職の焼鳥屋さんが備長炭にこだわる意味が解った気がする。


店先で立っているつもりで、いつの間にやら鍋奉行ならぬ炭焼き奉行になっていました。(ひ)

— posted by hidetaka at 04:28 pm   pingTrackBack [0]

遅い春の味覚

sansai1


先週末、前の職場の友人を招いて我が家の裏庭でバーベキューをしました。
そのときに友人が”すす竹”のタケノコとウドを持ってきてくれました。
すす竹のタケノコは、えぐみが無く生でも食べられる山菜の金メダリストです。
まずは皮をむいて生のままガブリ!コリコリとした食感とほんのりと青臭い香りが鼻に抜け、口の中に春先の山の味が充満!
次に肉を焼いた後の残り火で、皮がついたままのタケノコを焼き「あちち」と言いながら皮をむいてガブリ!、「うんめぇ」と甘みが増した金メダリストが脳髄を直撃!
残りは厚揚げと一緒に、だし醤油で甘辛く煮て頂きました。
ウドはタケノコを煮た残り汁にみそを加えて頂きました、口の中いっぱいにひろがるほろ苦さ、春の味覚ごちそうさまでした。
*編集よりご注意
私たちが食べて美味しいモノは熊も大好物です。山菜取りに出かける際には十分ご注意をしてください。(ひ)

sansai3


sansai2


— posted by hidetaka at 10:28 am   pingTrackBack [0]

<< 2017.11 >>
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
 
T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0394 sec.