この記事に対する TrackBack URL

選択ボタンを押すとトラックバックURLが選択されるので,マウスの右クリックメニューや「Ctrl+C」 「command key+C」などでコピーしましょう。

北朝鮮ミサイル「6発」発射

とうとう発射してしまいました。
本当にこの国は何を考えているのか全くわかりません。
6月28日から30日まで韓国拉致被害者の、金英男さんと家族との対面を演出し
世界中に人道的(?)な部分をアピールし
6日の午前にも平壌市内のホテルで金英男さんと日本人記者団との会見も設定していた。
しかも7月5日は万景峰号が新潟に入港する日でもある。
このタイミングでミサイルを発射すれば、日本は当然、万景峰号の入港を拒否するのは
確実であり、ウソで塗り固めてでも、何とか韓国の気をひきたい、金英男さんのことでも
状況が不利になるのは、明らかである。
それでも発射したのは、北朝鮮政府は軍部を掌握しきれず、軍部の独自の判断で
アメリカの独立記念日を狙って発射したのではないか。
これによって、アメリカもすぐに軍隊を派兵するなどの実力行使は行わないが
日本海周辺の緊張は確実に高まっている。
小泉首相、のんきにラブミーテンダーを歌っている場合じゃないですよ。
(ひ)

— posted by hidetaka at 01:32 pm   pingTrackBack [1]

この記事へのトラックバック

 北朝鮮:平壌宣言に反しミサイル発射
――ロシア沿海州沖に着弾――■「ミサイル凍結」約束先の日本に事前通告なし北朝鮮が5日午前、計6発のミサイルを発射した(読売新聞電子版)↓。http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060705it04.htm?from=topミサイルの着弾地点はロシア沿海州沿岸、日本に最も近いもので新潟県の北北西約500キロとのことであり、日本の領海(国土から約22キロ)や排他的経済水域(国土から約370キロ)には達したものはなかったと見られ... more »
<< 2006.7 >>
SMTWTFS
      1
234 5 6 7 8
91011 12 1314 15
161718 19 2021 22
2324 25 26 2728 29
3031     
 
T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0453 sec.