ワールドカップと中田の引退

ワールドカップもベスト4が出そろって、いよいよ佳境に入ってきました。
そこに、突然の「中田引退」のニュースです。
今回のワールドカップでも一番グラウンドを走り回って、常に声を張り上げている。
そんな彼の姿が印象的でした。
テレビでの解説を聞いていると、それまで日本チームを煽っていた司会者が、
「Jリーグとはレベルが全然違いますね」
なんて平気な顔で言っているのが、なんとも滑稽ですね。
日本チームが決勝リーグを勝ち進む事が出来ないことは、素人の
私にも解ります。


視聴率を取るためだったら、葬式だってイベントにしちゃうよ
的なノリのマスコミですからこれくらいの事なんて平気なんでしょうが
私の感覚からすれば、節操も無くて見ているこちらが恥ずかしくなります。


ある番組で中西哲生さんが目を潤ませながら言っていました。
「日本チームが予選リーグで苦戦するのは解っていた。
問題点を分析したり提言することもできたが、
番組の司会者が
「でも中西さん勝てますよね。」
と言われたら「ハイ」としか言えないんです。」


スポーツをバラエティーに仕立てるのも結構ですが、
心からそのスポーツを愛している人達の心を踏みにじる様なことは止めて頂きたいものです。


後半に動きの止まる日本代表、その中で始終走り回れたのは
中田と三都州だけです。


「走らなければ、サッカーにならない」


その通りでした、チーム批判を繰り返し(提言だと思うのですが)
チームで浮いた存在になった中田。
代表チームの視線がアジアレベルなのに彼だけが、世界を見ていたのではないでしょうか?
中田を外した方が強くなるという意見もありますが、彼の経験は高く評価されるべきです。


日本が決勝リーグで戦って行くにはまだまだ時間が掛かるでしょうが、
その課程のどこかに中田が関わっていて欲しいのですが、どうもそうはならないようです。
心ないマスコミと戦ってきた彼に一言。


ごくろうさまでした。(ひ)

— posted by hidetaka at 09:51 am   pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2006.7 >>
SMTWTFS
      1
234 5 6 7 8
91011 12 1314 15
161718 19 2021 22
2324 25 26 2728 29
3031     
 
T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0116 sec.