道路特定財源一般財源化

漢字ばっかりのタイトルになってしまった。

安倍首相が所信表明演説で掲げた道路特定財源の一般財源化とはどういうことなのか

本来道路特定財源とは、受益者負担の考えに基づき自動車の利用者が道路整備費を負担する制度です。
つまり、道路を多く利用する人が利用に応じて整備費を負担するというものです。

道路特定財源を構成する税の揮発油税・自動車重量税には
戦後の道路整備推進を名目として、暫定的に高い税率が掛けられている。

揮発油税(ガソリンにかかる税)は本来1リットルあたり24.3円であるが
暫定税率は2倍の1リットルあたり48.6円である

自動車重量税(車検の際に、自動車の重量に応じて負担する税)に至っては
本則税率(本来の法律で定められた税率)0.5トン当たり年2,500円が2.52倍の6,300円なのである。

この高い税率を本来の本則税率に戻すことなく一般財源化するとはどうゆうことなのか
安倍総理は一般財源化の基本方針として現行税率を維持することを明言している。

受益者負担の考え方からも外れている。
道路整備推進の為の暫定税率の目的からも外れている。

一般財源化するのならまず、道路整備を行った上で、
道路特定財源に使用しない部分が有れば本来の本則税率に戻してから議論を始めるべきではないでしょうか。

自動車を持たない人達も、この税制が物流コストを大幅に引き上げている事に気づいてもらいたい。
生活必需品をはじめ食料品に至るまで、おおよそ全ての物品に道路特定財源の本則税率と暫定税率との差額分は上乗せされているのです。

しかも揮発油税には消費税も掛けられているのです。
(ガソリンスタンドのレシートをよく見てください、消費税は合計金額に掛けられているでしょ)
税金の為の税金です。

6


役人が考える「取りやすい所から取る」の見本です。

JAF〜一般財源化反対です道路整備以外に使うのであれば本来の税率に戻すべき〜署名運動はこちらLink

道路特定財源一般財源化とは直接関係ないのですが。
発泡酒・第三のビールに続く
「取りやすい所から取る」
は売上げが伸びている
軽自動車
あたりが次のターゲットになるような気がしてならない(ひ)

— posted by 編集局 at 11:44 am   pingTrackBack [0]

この記事に対するコメントは締め切られています

<< 2006.11 >>
SMTWTFS
   12 34
56 789 1011
1213 14151617 18
192021 22 2324 25
2627 28 29 30   
 
T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.3021 sec.